玄米大事典

玄米のメリットを分かりやすく解説

こだわり玄米
LINEプレゼントキャンペーン

みなさんは、「玄米」と聞いて、どんなことを連想されますか?

きっと「健康的」なイメージを持たれた方が多いかと思います。

ただ、なんとなく体に良さそうなイメージはあっても、具体的に「どんな風に体によいのか」と聞かれると、「そういえば・・・」となってしまう方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

近くのコンビニに入れば、玄米入りにおにぎりに、玄米のシリアルやおせんべいと、最近は身近なところでも「玄米」の文字を見かけるようになりましたし、玄米が世に広がっていくことはたいへん喜ばしいことです。

ただ、数ある玄米の魅力のなかには、まだ知られていないことがたくさんありそうです。

この記事では、そんな素朴な疑問にお答えしながら、玄米の良さやメリットについて解説していきます。

そもそも玄米とは

まずはじめに、玄米とはどういうものなのでしょうか。

一言でいえば、精米していないお米のことです。

精米するときに「糠」(外皮や胚芽)として処理される部分をあえて残した、例えるなら「皮つきの食べ物」のようなもの。

この「糠(ぬか)」も一緒に食べることが、玄米最大のポイントです。

糠がついているおかげで、色々なメリットが生まれます。

これが玄米のメリット

・食事の栄養バランスが良くなる

玄米には、白米にはない栄養が含まれています。

特に、ビタミンB群食物繊維の含有量は白米よりも豊富。

ビタミンB群は、種類によってそれぞれ役割が異なりますが、主にタンパク質や炭水化物、脂質といったカロリー源を、エネルギーとして代謝する働きがあります。

ビタミンB群が不足すると、疲れやすくなったり、肌荒れや集中力の低下を招くと言われています。

また、食物繊維の中でも「不溶性」の食物繊維の含まれる割合が高いことも玄米の特徴。

不溶性食物繊維は、水分を吸収して膨みやすく、腸内を刺激してお通じを良くしてくれる働きがあります。

よく、「玄米食を初めると便秘が改善する」といった書き込みなどが見られますが、それは主にこの「不溶性食物繊維」によるものなのです。

玄米の栄養素については、下記のページに詳しいことが書かれておりますので、ぜひご覧ください。

栄養について詳しくお知りになりたい方はコチラ

・白米よりも太りにくい

玄米は白米と比較して、血糖値が上がりにくいと言われています。

血糖値が急激に上がると、血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが過剰に分泌され、結果的に脂肪をためやすい体になってしまいます。

玄米は白米に比べて、その血糖値の変化を表すGI値というものが低いのが特徴。

GI値は0~100までの数字で表され、数字の大きさによって、低GI、中GI、高GIに分けられます。

血糖値がもっとも上がりにくいのは「低GI」の食品で、中GI、高GIの順で上がりやすくなります。

玄米は概ね低GI~中GIの範囲に収まっていますし※、白米に比べてもGI値が低い傾向にありますので、白米よりも太りにくいといえるでしょう。

※玄米のGI値は、データを測定した研究団体や品種の違いによって、測定結果にバラつきがあります

・食事を良く噛むようになる

歯ごたえ、噛みごたえのある玄米は、白米よりも咀嚼回数が多くなります。

噛む回数が増えると顔の筋肉や骨が鍛えられ頬が引き締まったり、満腹中枢が刺激され、食欲が満たされやすくなるため、一回の食事量や摂取カロリーを抑え、ダイエットにもつながります。

また、良く噛むことで脳が刺激を受けて活性化するため、仕事や勉強に良い影響が得られるかもしれません。

そのほかにも、よく噛むことで歯並びを整えられたり、唾液が分泌されて虫歯になりにくいといったメリットもあり、成長期の子供などにも有益ではないでしょうか。

デメリットはない?

玄米には色々とメリットがありますが、デメリットもあります。

中でも、玄米を召し上がる人の多くが気にしているデメリットは、「残留農薬」ではないでしょうか。

玄米は白米と比較して、農薬が残留しやすいと言われています。

これは、農薬の成分が油(脂)に溶けやすいのが原因。

冒頭で触れましたように、玄米は白米と違い、お米の表面に糠(ぬか)がついています。

この糠には、油分が多いのです。

そのため、栽培中に使用した農薬が、糠の油分に残留しやすくなるわけです。

残留農薬に関する詳しい記事はコチラをご覧ください

おすすめの玄米

玄米のメリットには魅力を感じていても、「残留農薬が多い」と聞いてしまうと不安になる方も多いでしょう。

そんな方には、マイセンの「感動の米コシヒカリ玄米」をおススメしております。

「感動の米コシヒカリ玄米」は、農薬の使用量を慣行農法の1/2以下に抑えて栽培した、福井県認証の特別栽培米です。

また、食べる方が安心して召し上がれるように、外部機関にて残留農薬の検査も実施しております。

検査する農薬の成分は、なんと200種類以上。

10年以上愛用されている方もいらっしゃるほど、長年にわたり愛されてきたロングセラーの玄米です。

マイセンの公式通販サイトにて詳しく紹介しておりますので、ぜひ一度ご覧くださいませ。

一覧へ戻る
完全栄養食。なのにおいしいッ!
いちほまれ玄米プレゼントキャンペーン
×