玄米大事典

無農薬の玄米を選ぶ前に知ってほしいこと

こだわり玄米
LINEプレゼントキャンペーン

玄米を召し上がる方の中には、「無農薬」の玄米を好まれる方が少なくありません。

玄米は白米よりも農薬が残留しやすいと言われているため、安心できる「無農薬」の玄米を選ばれる方が多いのでしょう。

インターネットなど見ても、「無農薬」などと書かれた玄米は、様々なところで売られています。

しかし実はこの「無農薬」という表現、不適切だということをご存じですか?

農林水産省が定める「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」によれば、農薬を使わずに栽培した農産物に対して、「無農薬」と表示をするのは、禁止事項になっています。

「農薬を使ってないのに、無農薬と書いてはいけない」

とは、一体どういうことなのでしょうか。

無農薬が不適切ならば、どのように書いてある玄米なら良いのでしょう。

この記事では、『無農薬』の玄米について、正しい知識や選び方のポイントを解説していきます。

『無農薬』とは何なのか

みなさんが『無農薬の玄米』という言葉に期待するものは何でしょうか。

きっと「農薬がついていない玄米」ではありませんか?

しかしこの「農薬がついていない」ということを証明することは、たいへん難しいことなのです。

農薬と呼ばれるものには、除草剤や殺虫剤、殺菌剤など様々な種類のものがあります。

「農薬がついていない」ことを証明するのであれば、こういった農薬が残留していないか、ひとつひとつ調べあげなくてはなりません。

また、残留農薬を測定するための装置は、ごくわずかな残留まで測定することができますが、「これよりも少ない量は、もし農薬が残留していたとしても検出できません」という限界値があります。

残留農薬がこの限界値より少なかった場合、あくまで「不検出」(測定器では検出できないほどの量)という結果が正しい表現です。

残留農薬が「ゼロ」(無し)だったというのは適切ではありません。

つまり、「農薬が一切ついていない=無農薬」ということは、現実的に立証不可能ともいえるわけです。

「そもそも、育てるときに農薬を使わなければ、農薬なんてつくわけがない。いちいち調べなくても、無農薬なのが当たり前なのではないか?」

と、思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そう言い切れない理由もちゃんとあります。

例えば、農薬を使わずに玄米を栽培している、いわゆる無農薬の田んぼがあったとします。

でももし、その田んぼに隣接する家の住人が、庭の植木などに大量の農薬を撒いてしまったら、どうなるでしょうか?

おそらく、隣接する「無農薬」の田んぼにも、農薬が飛んできてしまうでしょう。

また、玄米のように川水などを大量に使う農業は、水源となる川の上流の方で農薬が使われてしまえば、下流の方にも農薬が流れていってしまう可能性は十分にあります。

こういった、周辺から意図せず入り込んでしまう農薬を、「ドリフト」(農薬飛散)といいます。

この「ドリフト」の可能性があるかぎり、「農薬を使わなければ無農薬だ」とは言い切れません。

「無農薬」という表現が認められていない背景には、こういった理由があるのです。

正しい「無農薬」とは?

日本で販売されている「無農薬」とされる玄米は通常、「栽培する田んぼや稲に農薬を使っていない」ことを指して、「無農薬」と呼んでいるものが、ほとんどではないでしょうか。

この場合は、「栽培期間中農薬不使用」とするのが正解です。

ただし、農薬を使わなければ、どの玄米でも「栽培期間中農薬不使用」と言えるわけではありません。

有機JAS法の認定を受けた「有機栽培」の玄米や、農林水産省が定める「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」の基準に沿って栽培し、各都道府県から認証を受けた「特別栽培」の玄米などにのみ、「栽培期間中農薬不使用」といった記載が認められています。

なんだか、「無農薬」といわれるよりも、かえって分かりにくいかもしれませんね。

しかし、様々な生産者や販売店が、独自の基準やルールで「無農薬」や「有機」といった記載してしまうと、結果的に消費者の誤解を招き、農業全体の信頼を損ないかねません。

玄米の良さを正しく知ってもらうためには、生産者や販売者がルールを守っていくことが必要ですし、マイセンでもルールに沿った表示に努めております。

玄米の残留農薬検査について:玄米大事典「玄米の残留農薬について」

マイセンのプレミアム玄米

マイセンでも、福井県の認証を取得した特別栽培米「プレミアム玄米」を取り扱っております。

プレミアム玄米は、農薬だけでなく、化学肥料も使わずに栽培された「栽培期間中農薬・化学肥料不使用」の玄米です。

上の方で説明しました、意図せずに周辺から農薬が入り込んでしまう「ドリフト」(農薬飛散)にも配慮し、200種類以上の農薬の成分について第三者機関で残留農薬検査を行い、「不検出」であったことを確認しております。

プレミアム玄米については、マイセンの公式通販サイトに詳細を記載しておりますので、ぜひご覧ください。

プレミアム玄米の詳細を見てみる

また、農薬の使用量を慣行農法の1/2以下に抑えて栽培した、特別栽培米「感動の米コシヒカリ玄米」も、同様に残留農薬検査を実施したお米です。あわせてご覧くださいませ。

感動の米コシヒカリ玄米の詳細を見てみる

一覧へ戻る
完全栄養食。なのにおいしいッ!
いちほまれ玄米プレゼントキャンペーン
×