数量限定!貴重な『いちほまれ』の玄米を販売します

マイセンが玄米食用に選別した粒ぞろいの令和元年産『いちほまれ玄米』をお届けいたします。玄米食用の『いちほまれ』の販売はまだ珍しく、なかなか味わえない貴重な逸品です。また、数量に限りがございますので、売り切れの際はご容赦下さいませ。


●『いちほまれ』ってどんなお米?

こしひかり生誕の地である福井県が、約六年がかりで開発した高級品種のお米です。「日本一(いち)美味しい、誉れ(ほまれ)高きお米」になってほしいとの願いから、その名がつきました。2018年から本格的に生産が開始されたばかりですが、絹のような白さと艶に加え、粒感と粘りのバランスが良く、日本穀物検定協会の食味ランキングで最高評価の「特A」を取得している、今大注目のお米です。


●お米にうるさいスタッフが試食してみました


スタッフ:前川
いちほまれの玄米は、精米して食べるより美味しい!甘味があって、もちもちしていて噛み応えがあり大満足!玄米独特の臭いがなく、炊き上がりもとてもいい香りで食欲をそそりました。さすが!、福井県が推奨しているブランド米!

スタッフ:小林
炊き上がりの香りがとても良く、香ばしさに食欲がそそられました。ひとくち食べてみると、白米とはまた違う玄米特有の旨みといちほまれの優しい甘みがお口いっぱいに広がりました。かむほどに甘みが増し、ご飯だけでも大満足の美味しさです!

スタッフ:佐藤
玄米らしい力強い香りと粒感に、くどすぎない絶妙な甘みと粘り。また、玄米特有の臭いがほとんどないことにも驚きました。とても完成度の高いお米ではないでしょうか。




米へのこだわり.jpg

化学合成農薬や化学肥料を一切使わない自然な田んぼ

田んぼには、化学合成農薬や化学肥料を使っていません。だから生き物がたくさん。中には絶滅危惧種のメダカの姿も。 そんな自然な田んぼは、雑草や害虫にとっても居心地のいい場所。毎日が雑草や害虫との戦いになりますが、人にも環境にも優しい米づくりのために手間ひまは惜しみません。


メダカとか水生生物.jpg

微生物がつくる最高の土壌

田んぼに残った稲わらを微生物に発酵分解させることで、栄養たっぷりの土壌づくりを行っています。上手く発酵させて最高の田んぼを用意できるか、腐らせて田んぼをダメにしてしまうかは農家の腕次第。この成否がお米の品質に大きく影響します。


わらと田んぼ.jpg

厳選した高品質の完熟堆肥

95%以上がアミノ酸でできている高品質の「完熟発酵堆肥」を肥料にしています。発酵せずに腐敗してしまっている低質な堆肥は使いません。また、お米からとれる籾殻を使った自家製のくん炭も使用して、米作りに適した土壌を養っています。


肥料.jpg

米に旨みをもたらす清らかな水

米の味を大きく左右する「水」は、付近を流れる川の清流を引き込んでいます。水源から田んぼまでに民家が少なく、川が生活排水などで汚染されにくいため、安心してお米が栽培できます。水質に敏感なメダカが元気に泳いでいるのが、水質の高さを示す何よりの証拠。


用水.jpg

天日干しを再現した独自の乾燥方式

異常気象が続く今の日本において、不安定で時間のかかる天日干し乾燥は最良と言い切れなくなってきました。なぜなら、乾燥前のお米はとても劣化しやすいからです。 そのため、独自の乾燥方式「遠赤熱式低温熟成乾燥」を採用。収穫後すぐに乾燥設備へと運び、遠赤外線の熱を利用して天日干しと同等の温度※で一次乾燥させます。さらにそこから、米の旨味を引き出すためにじっくりと追熟乾燥を行います。 通常の機械乾燥と違い、延べ3日かけて低温※で乾燥しているため、劣化が少なく旨みの凝縮された生命力あふれるお米に仕上がります。

※平均35℃前後。外気温が35℃を上回る場合は最大42℃の範囲内で乾燥


乾燥した稲穂.jpg


玄米の炊き方は▼をクリック

ご購入はこちら

限定入荷!農薬・化学肥料不使用で栽培した「いちほまれ」の貴重な玄米

いちほまれ玄米(2kg)

いちほまれ玄米(2kg)商品姿
通常購入

1袋税込 1,990

(本体価格 1,843円)
18ポイント

数量:

いちほまれ玄米(2kg)

商品番号
02302
内容量
2kg
原材料
福井県産いちほまれ 100%

賞味期限
-
保存方法
密閉容器に移し、冷蔵庫の野菜室で保存するのが最も良い保存方法です。米びつで保存する場合は、まめに掃除をして、虫除けを入れるとよいでしょう。それ以外の場合は、高温多湿を避け、なるべく風通しがよい場所(床下収納など)で保管してください。
購入フォームへ
ページ先頭へ戻る