玄米に関するよくあるお声

弊社では、「感動の米コシヒカリ玄米」と「プレミアム玄米」という二種類の玄米をお取扱いしております。いずれも玄米食用に厳選した、残留農薬ゼロのお米をご提供しています。

近年、玄米食の普及に伴い、インターネットなどでは玄米に関するさまざまな情報が発信されるようになりました。それに伴い、それら情報に関する真偽のご質問やご意見を頂戴することがございます。

こちらのページでは、マイセンの玄米についての見解を述べさせていただきます。
なお「こだわり」や「よくあるご質問」にも同様の内容を記載しておりますので、あわせてお読みいただければ幸いです。
※以下、あくまでマイセン独自の見解であること、かつ、お米に関する内容はマイセンのお米のみを指すものとさせていただきます。


●発芽玄米について

時々「発芽玄米にしなければ玄米は身体に悪い」というお声をいただきます。
マイセンのお米は発芽玄米用ではございませんが、発芽します。
一定の水温・気温の条件が揃えば、ご自宅でも発芽可能です。
わたしたちの「発芽する」とは「生きているお米」であるという意味です。
前述したように、弊社の玄米はあくまで玄米食用に厳選しているお米であり、発芽玄米食用としてはご用意しておりません。
そのため、発芽玄米を目的としたご質問(発芽の方法、炊き方や有用性など)にはお応えいたしかねます。

お米は生命であり、その生命をどのようにいただくかは、お一人おひとりの選択であり、おいしく召し上がっていただくことが一番大切であると弊社は考えております。


●玄米の栄養

玄米はビタミンやミネラルなど、多くの栄養素を含むため「完全栄養食」と呼ばれています。
時々、玄米の栄養素の中で、体内に悪影響を及ぼす要素があるのではというお声をいただきます。 わたしたちマイセンは、社長をはじめスタッフみな、玄米を日々の食事に取り入れております。また、長年にわたり弊社の玄米をお楽しみいただいているお客様からも、いつもたくさんのお喜びのお声を頂戴しております。


●大切なのはバランス

地球上にはさまざまな食が存在し、どのような食にも良い面とそうでない面が存在します。なにが良い良くないとは一概に言いかねます。
たとえば「一汁一菜」という言葉があります。 一汁一菜とは、栄養のある玄米を中心とした、汁(みそ汁)と菜(おかず)それぞれ一品を合わせた、昔ながらの食事法です。玄米とその他の食べ物を組合せよく摂取することで、栄養面を補い合い、より効率的に身体に吸収されます。 しかし、たとえ一汁一菜であっても、過剰摂取すれば心身の負担につながります。 なにごとも全体のバランスが大切だと考えています。

マイセンでは、農薬や化学肥料にたよらない農法を採用する、残留農薬検査を行い非検出の証明をすることにより、お米の安全性を提示しています。