商品へのこだわり

◆お米をおいしく食べる

(1)玄米

【安全・安心なお米】
玄米玄米とは、稲から籾殻を取り除いた、ヌカがついたままのお米です。そのまま皆様のお口に入るので、より一層、農薬の残っていない安全なお米であることが必要です。マイセンでは、毎年、玄米の状態で残留農薬検査を行っており、今まで一度も残留農薬が検出されたことはありません。(詳しくは、こちら
【1年中おいしい】
また、お米は年に1度しか収穫できません。秋に収穫したお米を、1年間変わらぬ美味しさで召し上がっていただくための保管も、大変重要です。マイセンでは、清掃や温度・湿度管理を徹底し、1年間変わらぬ美味しさで皆様に召し上がっていただけるように保管をしています。(詳しくはこちら
【食べやすい】
そして選別です。玄米食をされたことがある方なら経験があるかもしれませんが、玄米食用でない玄米は、籾殻などの異物を取り除くのに大変苦労をします。それが面倒で、玄米食をあきらめてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
マイセンでは、何度も何度も選別を行い、異物の混じっていない状態で皆様にお米をお届けしています。マイセンの玄米を食べるときは、お水を1~2度通して、浮き上がってくるホコリなどを取り除くだけでOKです。面倒な異物を取り除く作業は必要ありません!
【炊き方を教えて!】
「玄米食を始めてみたいけれど、炊き方や水加減が難しそう・・・普通の炊飯器で炊ける?」 こんなご質問をよくいただきます。普通の炊飯器でも大丈夫!上手に炊けるようになるまで、何度でもお電話下さい。お使いの調理器具にあわせて、炊き方や水加減などアドバイスいたします。
お米をお客様にお届けするだけでなく、美味しく召し上がっていただけるまでがマイセンの責任です。もちろん、玄米をお届けの際には、炊飯マニュアルもお付けいたしております。

(2)白米

【白米】
稲作が始まった縄文の昔より、玄米が日本人の主食でした。
それがここ2~300年の間に白米にとってかわられた理由は簡単。白米が美味しいからです。 おいしい白米を、より美味しく召し上がっていただくために、マイセンでは様々な工夫をして精米を行っています。
まず、お米に負担をかけぬよう、三段階に分けて玄米表面の薄皮をむき、マイナスイオン電子を充填して酸化を防ぎ、栄養分をしっかり閉じ込めます。それにより、マイセンのお米は変色しにくくなっています。次に、精米中に割れた米を大きな網でふるい落とし、小さな石なども取り除きます。さらに、お米の形はしているけれど奇形なもの、虫の被害を受けているものを、光のセンサーを用いて、一粒一粒チェックします。この光センサーによるチェックは二度行います。 これらの厳しいチェックを何度も受けた後、初めて計量を行い、皆様のもとにお届けすることができます。(白米のおいしさを十分に味わうための、おいしい炊き方はこちら。

◆マイセンのお米を利用した商品

完全栄養食と言われるほど、栄養バランスの優れた玄米。そんな玄米の素晴らしさを、より多くの方に知っていただきたいと願い、手軽においしく召し上がっていただくための様々な工夫を凝らした商品開発を行っています。

玄米粉
genmaiko.jpg1人暮らしの長男に手軽に玄米を食べさせたいという、社長の思いから考え出されたのがこの玄米粉です。マイセンの玄米を、何も手を加えずにそのまま粉にしています。お米の粉ですので、上新粉と同じような感覚でお使いいただけます。もちろん、玄米をそのまま粉にしているので、食物繊維など玄米の栄養素を丸ごと摂れます。玄米が苦手な方でも、小麦粉代わりに使ったり、お味噌汁にそのまま入れたり......。上新粉と同じような感覚でお使いください。玄米粉のレシピはこちら
100%玄米パン
IMG_pan1.jpg 「子供がパンしか食べないんです」「1人暮らしだとお米が余ってしまうので、パンが主食なんですが...」そんなお客様のお声に何とかお答えしたい。アレルギーなどをお持ちの方にも召し上がっていただきたい。小麦粉・卵・乳製品や添加物を使わない、体に良い、主食にもなるパンを...という考えに賛同してくれた、とあるパン職人さんの協力のもとに出来上がったのが、「おいしい玄米パン」です。
マイセンの玄米粉を100%使用。玄米粉ではグルテンが出来ないので、ふっくらとおいしいパンを作るために、何度も何度も配合を変えては試作の末にようやく完成しました。
玄米珈琲
coffee1.jpg古来、漢方薬では玄神・玄心と呼ばれ、がんの治療薬として使用されていた「黒焼き」玄米。玄米を黒焼きにすることで極陽性となり免疫力の向上、腸内毒素の吸着作用など、様々な働きがあると言われています。陰性の食物で身体を冷やしてばかりの現代人にとって、身体の芯から温めてくれる玄米珈琲は救世主といえる飲み物です。「珈琲」と名前がついていますが、原料はマイセンの玄米100%なので、カフェインはゼロ。小さなお子様にも、妊娠中の女性にもお勧めです。お湯や温めた豆乳などに溶かしてお召し上がり下さい。飲んだ後には、体がポカポカ温まります。
玄米あずきがゆ
okayu2.jpgマイセンの玄米と、古来より漢方にも利用された滋味豊かな小豆を使って、ミネラルをたっぷり含んだ還元水で、食べやすいお粥に仕上げました。
高温加熱殺菌をせず、特殊製法で、マイセン自慢のお米の風味をそのまま閉じ込めています。レトルト臭もなく、隠し味は自然塩のみ。初めて玄米を召し上がる方、胃腸の弱い方、お夜食などにもお勧めです。
冷たく冷やしてもおいしくいただけますので、夏の食欲が落ちる時期の軽食として最適です。
玄米酵素ごはん
kouso.jpg 玄米酵素ごはんは、普通の玄米ごはんより柔らかいので、消化も良く、食べ始めて数日後には身体がとてもすっきりします。お赤飯のような外観と、もっちもちの食感は、見た目にもお味にもお楽しみいただけること間違いなしです。玄米酵素ごはんに手軽に挑戦できる、「玄米酵素ごはんセット」のご用意もしております。お使いの炊飯器で簡単に作ることができ、特別な道具も必要ありません。
◆玄米酵素ごはん入門に...これだけで準備OK!「玄米酵素ごはんセット
◆本格的に食べてみたい方は、玄米天日塩鳳凰北海道小豆の単品がオススメ!
玄米めん
genmai_pasta_2.jpg
マイセンの玄米粉を使った玄米めん「玄米うどん」と「玄米生パスタ」「玄米ラーメン」です。「卵・乳・小麦・そば・落花生」不使用で、米粉めん専用の工場にて作っています。小麦(グルテン)不使用ながら、モチモチとした食感や、しっかりとしたコシをお楽しみいただけます。
玄米クッキー
IMG_5907 お子さまにも安心して食べていただけるように、卵・白砂糖・小麦・乳製品を使用しない、身体にやさしいクッキーを作りました。白砂糖の代わりにてんさい糖を用いる、ベーキングパウダーはアルミフリーを使うなど、安心素材にこだわりました。マイセンの残留農薬ゼロの玄米を厳選し、超微粒子になるまで低温で製粉した玄米粉を使用していますので、ほどよい玄米の香りとお味をさくさく楽しめます。
ほっと玄米焼ドーナッツ
P2295440 玄米をよりおいしく召し上がってもらえるように、トースト専用の焼ドーナッツを作りました。油で揚げずに焼き上げたので、ヘルシーな仕上がりとなっています。玄米クッキーと同じく原材料にこだわり、卵・白砂糖・小麦・乳製品は使用していません。お味は、「コラーゲン・ほうれん草・黒焼き玄米・かぼちゃ・とまと」の5種類をご用意しました。

◆その他の商品

米仙ばあちゃんの梅干
ume.jpg ほんのり頬を染める、福井自慢の絶品梅「紅映(べにざし)」。果肉は厚くて、種は小さなこの梅を、完熟になるまで、じっくりと待って収穫し、天然の紫蘇(しそ)と塩で、茜色に漬け込みました。添加するのは、手間ひまと真心だけ。昔ながらの手造りです。ふくよかな紫蘇の香りに、ひょいと一つ頬張れば、柔らかな果肉から広がる、素朴な甘味と程よい酸味。「おばぁちゃん、元気かなあ...」なぜだか田舎を思い出す、そんな懐かしの梅干しです。
天日塩 鳳凰
sio1 特定の海域でしか発生しない「湧昇現象」によって湧き上がる海洋深層水を、
約1年の歳月をかけて自然結晶させた、完全天然熟成塩です。
一般的な天日塩は仕上げに火力(釜)で煮詰めますが、鳳凰は完全天日でじっくり仕上げています。海水中の約70種類以上ものミネラルや微量元素がたっぷり含まれていて、玄米酵素ごはんの素材としてもぴったりのお塩です。
北海道 小豆
shohin_azuki_150.jpg古来より、漢方としても利用されてきた小豆。様々な病気に用いられ、日本人にはとても身近な食材です。北海道の自然が育んだ、残留農薬ゼロの厳選された小豆です。玄米酵素ごはんにも、普通の料理にもご利用下さい。
玄米みそ
P3010134 通常、みその麹の種は白米を使用しますが、それを玄米を使用して作りました。 原材料の豆も米も無農薬で、塩は最高級の自然塩、そして水は先祖代々続くみそ屋さんのみそ蔵の地下水を使用しています。みそを仕込む桶は、昔ながらの木桶で、なんと人が泳げるほどの大きさです。天然のコウジカビ種菌を自然のなすがままに繁殖させていることも大きなポイントです。
素材のまま、自然のままの玄米みそをお楽しみください。
玄米塩麹
P6166539健康に良いとされる玄米と塩麹を合わせ、無添加の玄米塩麹を作りました。玄米の豊富な栄養と、塩麹の酵素と旨みが摂れるという、万能健康調味料となっています。玄米塩麹には、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が多く含まれているので、美養にもたいへん良いです。お塩の代わりに素材に、塗る、もむ、混ぜる、漬ける、などしてご利用ください。素材の味のコクを引き出し、酵素のはたらきで素材を柔らかくしてくれます。