GI値について

GI値 とは、炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値です。グリセミック指数とも表現されます。

食事をすると、摂取したものは体内で「糖」になり、血液中を流れます。つまり、食事により「血糖値が上昇」するということです。作られた糖は、私たちの身体を動かすエネルギーとなりますが、急激に増えると「インシュリン」というホルモンが血糖値を下げようとします。インシュリンには、脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因ともなってしまいます。

インシュリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要となります。そこで目安となるのが「GI値」です。GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられます。

なお、マイセンの一部商品は、白砂糖の代わりに、GI値の低い「てんさい糖」を使用しています。