お米の保管方法

お米の保存は、季節や冷暖房器具によって温度変化のない冷蔵庫での保管がおすすめです。
まずは、1ヶ月以内で食べきれる量をお買い求めいただくことと、冷蔵庫以外で保管する場合には、次のことに気をつけましょう。

  • その1
  • 低温で湿度が低く、日の当たらない、風通しの良い場所に置きましょう。冷暖房の影響を受けにくい場所がおすすめです。冬場でも、台所など温湿度が高くなる場所では、虫がわいたりカビが生えることもありますので、油断は禁物です。密閉容器に移し、冷蔵庫の野菜室で保存する方法ですと、水気や虫がつかず、においも移りません。
  • その2
  • こまめにお米の保存容器を掃除し、ヌカが残らないようにしましょう。虫たちはヌカが大好きですので、ヌカが残っているとそこから虫がわく場合があります。お米がなくなったら容器を洗い、継ぎ足しはなるべく避けてください。お米は生鮮食品です。特にマイセンでは、防虫剤や防カビ剤などを使っておりませんので、正しく保管をしないと、どの季節でも虫がわいたりカビが生えてくるおそれがあります。正しい保管をして、美味しくお米を食べましょう。